映画『監獄島』/無人島映画フリーク

無人島モノ

映画

NHK教育

漫画

無人島

無人島、それは呼んで字の如く、誰もいない島の事。
周りを海に囲まれた誰もいない島(孤島)で繰り広げられるドラマの数々に魅せられて・・・当サイトでは、無人島を舞台とした映画やドラマをご紹介しています。

イチオシ映画!「監獄島」

無人島モノの中でも特に好きなのがコレ。
絶海の孤島という要素に加えてバトルロイヤル!まさにデストピア!!

“史上最凶のタフ野郎”との異名を持ち、挑発的な言動や、ビール片手に我が道を行く荒くれ者のスタイルで、アメリカ・プロレス界屈指の異端児として人気を 博し、通算6度のWWE王座を獲得したスーパースター、スティーブ・オースチンが初主演を飾るアクション映画。現役時代に鍛え上げられた強靭な肉体で、格 闘技とストリートファイトを融合させた、壮絶なリアルファイトを繰り広げる。監督は、『ハード・トゥ・ダイ』でカルト的な人気を博したスコット・ワイ パー。

タイトル 監獄島 The Condemned
監督 スコット・ワイパー
脚本 スコット・ワイパー
ロブ・ヘデン
製作 ジョエル・サイモン
製作総指揮 ジェド・ブローグランド
ピーター・ブロック
ジェイソン・コンスタンティン
ジョン・サッキ
音楽 グレーム・レヴェル
撮影 ロス・エメリー
配給 アメリカ ライオンズゲート
日本 ブロードメディア・スタジオ
公開 アメリカ 2007年4月27日
日本 2009年12月19日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $8,642,858

ストーリー

大富豪のテレビプロデューサーがある番組を製作するため、絶海の孤島に世界中から10人の死刑囚を呼び寄せた。その番組とは、釈放を餌にして、最後の一人になるまでに死刑囚たちを殺し合わせるというものだった。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
コンラッド ストーン・コールド・スティーブ・オースチン 乃村健次
マクスターリー ヴィニー・ジョーンズ 天田益男
ブレッケル ロバート・マモーネ 宮内敦士
ゴールドマン リック・ホフマン 松本大
ジュリー トーリー・マセット
パコ マヌー・ベネット
サラ・カヴァナー マデリーン・ウエスト
エディ・C クリストファー・ベイカー
ベラ サマンサ・ヒーリー
バクスター ルーク・ペグラー
サイガ マサ・ヤマグチ

ストーン・コールド・スティーブ・オースチン

ストーン・コールド・スティーブ・オースチン(Stone Cold Steve Austin、1964年12月18日 - )は、アメリカ合衆国のプロレスラー、俳優。WWE所属。テキサス州ビクトリア郡生まれ。本名はスティーブ・ウィリアムスであったが2007年に戸籍の上でもスティーブ・オースチン(Steve Austin)に改名した。

テキサスのガラガラ蛇(Texas Rattlesnake)、最凶のタフ野郎(Toughest Son of a Bitch)など数々の異名を持つ。SCSAと略されることもある。

1990年代後半を代表するスーパースターであり、WWEアティテュード路線時代の象徴レスラーである。パンチを連打する荒くれ者としてのイメージが強いが、実際はリング上でのテクニックも非常に高い。新日本プロレスに初来日した際にはストロングスタイルにも柔軟に対応してみせた。現在は事実上引退しており、映画俳優としての活動を行っている。

プロフィール

リングネーム ストーン・コールド・スティーブ・オースチン
ザ・リングマスター
"スーパースター" スティーブ・オースチン
"スタニング" スティーブ・オースチン
本名 スティーブ・オースチン
ニックネーム テキサスのガラガラ蛇
(Texas Rattlesnake)
最凶のタフ野郎
(Toughest S.O.B.)
身長 188cm
体重 116kg(全盛時)
誕生日 1964年12月18日
出身地 アメリカ合衆国 テキサス州ビクトリア
トレーナー クリス・アダムス
ルイス・ピアース
デビュー 1989年12月
引退 2003年

決め台詞

What?(はぁ?)
ヒールレスラーが何か言葉を発する時に遮って連呼する台詞。以降、ストーンコールド及びヒールのマイクパフォーマンスで一言発する毎に観客が 「What?」と叫ぶのが通例になっていた。そのためWWEのマイクパフォーマンスは長文が少なく、短文の連続で構成される傾向にある。試合中にナック ル、チョップ、ストンピングなどの打撃をヒットさせた時も観客がチャントしていた。彼は耳が悪く、電話中に何度も「What?」と繰り返すのをクリスチャンがからかったのが元ネタといわれる。
And that's the bottomline,'cause Stone Cold said so.(そこのところが肝心だぜ、ストーン・コールドかく語りきよ)
If ○○○,give me the hell yeah!(○○○して欲しいヤツは「ヘル・ヤー!」と叫べ)
彼がこの言葉を発すれば会場中が「hell yeah!」と大合唱する。
Austin 3:16 says,I just whooped your ass!(オースチン伝3章16節曰く、てめぇのケツをぶっ飛ばしたぜ)
元々はKOR'96優勝時に、ジェイク・ロバーツ(当時は怪奇派ではなく敬虔なクリスチャンギミックだった)をからかい、「ヨハネ伝3章16節が何かなんて知らねぇが…」の後に発した言葉。
Don't trust anybody(誰も信用するな)
2001年レッスルマニアにおいてヒールに転向した直後は、観客から皮肉にもこれをもじって「Don't trust Austin!」と叫ばれた。